診療内容Service

メンテナンスレーザー

フォトRF・リファームST・ジェネシス

医療機器としてのクオリティを満たすレーザー機器でお肌のメンテナンス。
体を傷つけるリスクが低く、しわ、しみ、たるみ等、
あらゆる悩みに高い効果を発揮します。
定期的にお受けになることをおすすめします。

どのような治療(手術)ですか?

①フォトRF

フォトRFのイメージ

フォトRFは、お肌の悩みに全般的に効果の期待出来る機器です。目立つかさぶたや腫れもなく、日常生活にもほとんど支障がありません。ハッキリ目立つシミにはルビーレーザーですが、細かいシミやなんとなくのくすみにはオススメです。定期的に使うことでお肌に透明感が出てきます。従来からフラッシュランプを用いた光治療器(フォト○○) が活躍してきました。ワイドバンドの光はお肌のメラニン色素にも反応しますのでシミ・そばかすやほくろの色が薄くなります。光の刺激でお肌の表面(表皮) の代謝が揃ってきますのでくすみやお化粧ノリ、ニキビの改善にも効果があります。このようにオールマイティで肌質全般に改善が期待出来るのですが、1つ弱点がありました。レーザーや光は深い部分に届きにくいのです。(海に潜るとだんだん暗くなる理屈と同じ) メンテナンスに使う上で、お肌のハリ感や毛穴を目立たなくする効果はお肌の深い部分(真皮) への刺激が必要です。そこで光単体ではなく高周波という違うエネルギーを併用するフォトRFという機器を使うことで、よりお肌の深い部分への刺激が可能になりました。光のエネルギーは熱く感じ、高周波はチクンと刺すような痛みがあります。(同じような原理のエステ機器よりは明らかに痛みを感じます)

②リファームST

リファームSTのイメージ

リファームSTは、フォトRFよりもさらにお肌の深い部分のメンテナンスに特化した機器です。
お肌のハリ感や保水力up、毛穴を目立たなくする効果やたるみのメンテナンスに最適です。お肌の深層(真皮)に刺激を入れる系の機器はかなり痛いものが多いのですが、リファームSTは痛みが少なく継続して使いやすいのも特徴です。
エネルギー源としては赤外線と高周波を用います。メラニンを破壊する能力は全くありません。
フォトRFと併用するとお肌の表面から深部までしっかりと刺激を入れることができます。(併用する場合は同日の施術がオススメです。フォトRF→リファームSTの流れで施術します。)

③ジェネシス

ジェネシスのイメージ

ジェネシスは、レーザーピーリングとも呼ばれています。表皮の溜まっている角質や産毛を飛ばしてくれて、レーザーのエネルギーを吸収することでお肌に艶とハリが出たように感じます。痛みはほとんど感じず、お肌がだんだん温かくなっていく感覚があります。
使うレーザーはロングパルスYAGレーザーです。
照射面積が直径5mm、1秒間に5~8ショットを中空照射してお顔全体をカバーします。
直後はわずかに熱がこもった感じと赤みが出ますが、すぐに収まります。

特殊な使い方として、鼻や頬正面部分の毛穴が目立つ場合に、毛穴に詰まった皮脂を綺麗に取り除いてから毛穴にカーボン粒子を詰めて照射します。(カーボンピール)これで開いた毛穴の内側に効率よくレーザーのエネルギーを吸収させます。

小林クリニックのこだわり

①フォトRF

  • 院長が施術します

    メンテナンス系の機器は使い方で効果も変わってくるためです。

  • 大体100~150ショットは照射しています

    ショット数もざっと全顔をカバーするだけであれば70~80ショットで良いのですが、重点的に照射する部位などがあり、いつも大体100~150ショットは照射しています。

②リファームST

  • レーザーではありませんが院長が施術します

    お顔がたるんでくるメカニズムや深部の解剖を理解していないと効果に差が出てしまいます。
    フォトRFと違ってたるみのポイントを集中的に照射するような治療になります。

③ジェネシス

  • 院長が施術します

    照射面積が直径5mmほどのレーザーを1秒間に5~8ショットを中空照射してお顔全体をカバーします。

患者さまの声

最初は細かいシミに、とフォトRFをはじめてみたのですがお肌の調子が良くなるのでずっと続けています。
いつのまにか透明感も出て来てよく友人に「何してるの?」と聞かれます。(38歳主婦)

(38歳女性)

とてもヒゲが濃く、脱毛レーザーをしてみた事があったのですが痛みに耐えられなくて...
でもフォトRFはそこまで痛くありません。フォトRFである程度減らして、残ったヒゲにはレーザー脱毛しようと思っています。

(30歳男性)

リファームSTをしてもらうとお肌のハリとか保湿力が上がる気がします。
何より、翌日メイクをしている時にフェイスラインがシュッとしていて嬉しくなります。定期的に続ければたるみの予防になると思います。

(42歳女性)

治療の流れFlow

初診

ご希望の方には初診日の治療も可能です。

所要時間

お顔全体で15分~20分です。 洗顔の後にトーナーで拭き取り(溜まった角質を取り除く) 照射します。

治療直後

①フォトRF 日常生活に支障はありません。当日より、いつも通りのスキンケアとお化粧が可能です。
②リファームST 日常生活に支障はありません。当日より、いつも通りのスキンケアとお化粧が可能です。
③ジェネシス 直後はわずかに熱がこもった感じと赤みが出ますが、すぐに収まります。カーボンピールした部位は数日後に日焼け後程度の皮ムケがあります。

経過Follow up

①フォトRF 最初は3週間ほどの間隔で5~6回の施術がオススメです。
②リファームST 最初は3週間ほどの間隔で5~6回の施術がオススメです。
③ジェネシス ケミカルピーリングと同じく、2週間間隔のお手入れがオススメです。

料金Price

①フォトRF 1回30,000円(税別)・5回コース135,000円(税別)
②リファームST 1回30,000円(税別)・5回コース135,000円(税別)
①フォトRF+②リファームST 1回55,000円(税別) ※フォトRFとリファームSTを、同日に組み合わせて行います。
③ジェネシス 1回20,000円(税別)

基本的にお顔全体に使う事で効果を発揮する機器ですので、部分照射は行いません。(診察時に必要と判断する場合は部分的に使うこともあります)

料金に消費税は含まれておりません