診療内容Service

皮膚腫瘍・傷跡の修正

保険診療でできる治療

皮膚や皮下のできものは、少しでも悪性を疑う場合には、
病理検査でしっかりと調べましょう。
手術や怪我・ヤケドの痕が引きつれて(拘縮) 痛い・関節の動きに影響が出る・傷痕が盛り上がっている…等の場合も保険治療の対象になり、負担額は少なくて済みます。

どのような治療(手術)ですか?

①腫瘍 切除した後に綺麗に縫合します。
通常、皮膚の中をしっかりと縫合し(真皮縫合) 傷口にかかる力をリリースして表面を縫合します。
②傷跡の治療 一度出来てしまった傷跡を全く無かった様に元どおりには出来ませんので、なるべく「目立たないように」と言うのが治療の方向性になります。
面積のある傷跡は小さくする、一直線で目立つ場合にはジグザグやS字状に、目立つ傷跡の向きを変えたり等の対処をします。多かれ少なかれ、傷跡には基本的に突っ張り(拘縮と呼びます)がありますので、これも解除します。場合によっては私費になりますがレーザーを使うこともあります。

小林クリニックのこだわり

  • 「その後」を考えた治療を行います

    単に腫瘍や傷跡を切り取るだけでなく、後に残る傷跡のことを考えて治療します。(傷跡を最優先に考える場合は皮膚表面を縫わないこともあります。)

  • 短時間で終わる場合は受診当日に手術できます

    お仕事の都合や急を要する場合など、ご相談ください。

  • 術後の消毒に毎日通院する必要はありません

    基本的に、手術後は抜糸日に再診して頂きます。(術後4~7日、手術内容によって変わります)

患者さまの声

お腹の手術の傷跡が突っ張って痛いので、胸を張る事が出来ませんでした。傷跡の手術を受けたあとは姿勢も良くなり、痛みも無くなりました。傷跡も綺麗に目立たなくなって喜んでいます。

(65歳男性)

「悪性だったらどうしよう?」と少し心配な出来物がありましたが、検査で悪いものでは無いとわかりホッとしています。場所が場所だけに、跡が残るのはイヤだな、、、と思いましたが、なるべく傷跡が小さくなるように気遣っていただきました。 目立たなくてよかったです。

(28歳女性)

治療の流れFlow

初診

症状やご希望によって治療の流れは変わります。
ご予約いただき、まずは一度診察にいらしてください。短時間で終わる場合は受診当日に手術できる場合があります。
基本的に日常生活をお過ごしのまま(服装・メイクetc.) でお越しいただいて構いません。

所要時間

手術は10分で終わるものもあれば1.5時間ほどかかるものもあります。

治療直後

当日は飲酒や熱いお風呂や運動は控えた方が良い場合があります。基本的に入浴、洗顔(顔の手術後)もOKです。

再診

基本的に手術後は抜糸日に再診して頂きます。(術後4~7日、手術内容によって変わります)

経過Follow up

  • 術後は基本的に洗顔やシャワーは可能です。
  • 傷の経過についてご説明し、気になることがあれば診察を受けていただきます。

注意点Attention

大きな手術の場合は、事前に色々と注意点をお話します。手術の内容や術後の経過や注意点についてご理解の上、日を決めて手術を受けていただきます。

料金Price

基本的には保険治療となりますが、治療法によっては私費治療となることがあります。診察時にご相談ください。

料金に消費税は含まれておりません