ドクターのコラムDr's column

Monthly Archive: 2018年 4月

多血小板血漿 (PRP) 注入療法

以前から注入療法の1つとして
“多血小板血漿(PRP) 注入療法” をやっておりますが…
僕のお勧め&ご説明が不十分だったのか
すぐに効果のわかるヒアルロン酸注入を選択される患者さんが圧倒的に多いのが現状でした。

そこで、昨年12月に “今まで以上にPRPをお勧めしてみよう!” と頑張ってみました。

(写真は血漿成分を分離した所です。この後 血小板の濃度の高い部分を抜き出して注入物を作ります)

 

時は流れて… 今月に入って、たまたま12月にPRPの治療をお受けになった方々を立て続けに診させて頂いたのですが…予測していた以上の結果に正直驚いています。

「結果が出るまで数ヶ月時間がかかる」
「細かいボリュームの調整にはヒアルロン酸にメリットがある」
と、勝手にPRPの短所を気にして強くお勧めしてこなかった事を反省しました。

何より自然でバイタリティがupしたように見えることに今さらながら魅力を感じました。

「異物を体内に入れるのは正直抵抗がある」
と、今までヒアルロン酸注入を敬遠されていた方にも
「生物由来の材料を使った治療は感染のリスクが怖い」
と、最新の再生医療にご興味を持ちつつ不安を感じておられた方にも
“ご自身の血液から作られた材料を用いた再生医療” は自信を持ってお勧め出来ると思います。
いったん作られたご自身の組織のボリュームはヒアルロン酸よりも自然で長持ちします。

特に加齢変化によるボリュームの減少には最適な治療法かもしれません。
同時に複数部位 (目の下・ほうれい線・口もとetc.) が治療可能なところも意外なお得感があります。
疲れてもいないのに「最近 疲れてる?」と言われてショックを受けてしまわれた方は特にお勧めですよ。

もちろん他の治療やお手入れとの併用も可能ですのでお気軽にご相談ください。

HPの多血小板血漿注入療法のページはこちら

1 / 11